ホルモンバランスの変化が髪の毛に影響する?正しいaga対策について学ぼう!

髪の毛の脱毛を促す男性ホルモンの増加がagaの原因

男性型脱毛症とも呼ばれるagaは名前の通り、男性に多く見られるタイプの薄毛です。いくつかのパターンがありますが、主に頭頂部や額から徐々に髪の毛が減少し、遂には頭部全体が薄毛の状態になります。agaは加齢や病気によるホルモンバランスの変化で起こるとされていますが、男性ホルモンの分泌量が多くなるとagaになりやすいので注意が必要です。男性ホルモンはひげや胸毛などを濃くする作用がある一方で、髪の毛の脱毛を促進させます。男性は元々男性ホルモンが多いので、ホルモンバランスが変化して分泌量が増加すると髪の毛への影響が非常に大きくなるのは避けられません。また、女性も男性ホルモンの増加によってagaになることがあります。

専門医によるaga治療が正しい対処法だが注意点もある

agaはホルモンバランスの変化で起こる薄毛なので、一般的な薄毛の原因である毛穴の詰まりやストレスはあまり関係がありません。そのため、市販の育毛剤を使っても良い効果は望めないと言えます。医学的な根拠に基づいた治療を行う医療機関を頼るのが正しい対処法です。処方される治療薬も患者の体質やホルモンバランスを踏まえた物なので、非常に高い効果を期待できるのは間違いありません。その反面、処方された薬剤はいわばオーダーメイドなので、患者以外の人が使うのは非常に危険です。似たようなagaでも人によってホルモンバランスの割合が異なるので、他人に処方された薬剤を使うと重大な健康被害に見舞われるおそれがあります。

健やかに髪の毛のボリュームを回復させるためには患者ひとりひとりが専門医による治療を受け、処方された薬剤を正しく使うことが大切です。

agaを仙台で治療するなら、予約制で他の患者さんと顔を合わせずに治療できる、プライバシーに配慮したクリニックもあります。